로고

EZTAKE
KOREAN ENGLISH VIETNAMESE
  • 開発商品
  • EIDOX SMART FACTORY
  • 開発商品

    홈페이지를 방문해주셔서 감사합니다.

    EIDOX SMART FACTORY

    スマートな工場のためのクラウドベースのスマートプラットフォーム技術を目指します。

    EIDOX SMART FACTORY(工場)
    • スマート工場の概念
    • 工場の生産設備(システム)に基づく垂直統合と、顧客の要求をはじめとする製品開発バリューチェーン(Value Chain)ベースの水平統合が実装される工場を意味します。
    • 垂直生産システム統合は、生産の効率化のための目標を持っており、そのために製品が生産される多様な設備でセンサーやデバイスを通じて信号を取得し、PLCやHMIなどの制御技術を通じて設備の制御を行い、生産プロセスを管理するためのMESと倉庫管理のためのWMSを経て、上部のERPまで有機的に管理できるシステムをいいます。
    • 水平的バリューチェーン統合は、製品を使用する顧客が望む要件を導き出すための市場調査および製品企画段階を経て、顧客の要求を満たすための製品開発研究開発段階および工程設計後に製品を生産して製品を顧客に渡すプロセスまでを含みます。
    クラウドベースのサービスインフラ構築
    • クラウドベースのスマート工場プラットフォーム
    • クラウドをベースとした工場制御および監視プラットフォームで管理者PCおよびスマートフォン環境で簡単に工場設備稼働および運営情報をリアルタイムで監視が可能で、制御権取得時にリモートで工場設備制御が可能です。
    • 工場稼働中にサーバ障害(クラウド、エッジサーバ)が発生しても、標準PLC自体の内蔵メモリに運営情報が保存されるため、工場や設備運用には何の支障もありません。
    • ビッグデータと人工知能技術ベースのデータ確保により、戦略的ビジネスモデルの発掘と拡張に多くの機会を提供します。
    • セキュリティ、信頼性、スケーラビリティに最適なクラウドサーバー
    • アマゾン、ネイバー、KTなどグローバル大企業群のクラウドサーバー利用でセキュリティ、安定性および今後柔軟に確定性が容易な最適サーバー運営が可能です。
    • サーバー資源のクラウド化により、人員、装備、運用効率性とともに、時間とコストを削減します。
    • 国内どこでも、海外どこでも設備データをクラウド中央化でモニタリングおよび制御が可能です。
    当社開発サービス領域
    • センサーベースの生産現場のデジタル化
    • 産業現場で駆動される多様なデジタル出力センサーとアクチュエータのデジタル信号をデータベース化します。
    • 出力信号と回路インタフェースに基づいてデジタル出力センサを分類し、アプリケーションおよびインタフェース用のデジタルO/IモジュールおよびPLCを利用して制御します。
    • 現場の状況に応じて適切なエッジサーバー(データフェース)を置き、さまざまな状況に応じて流動的で即時の対処が可能になるように運営します。
    • 標準PLCプラットフォームの適用による拡張性と移植性
    • 通信プロトコルの標準化技術により、PLC機種にかかわらず設備や稼働装置を監視および制御できるように設計されています。
    • 製造および設備工場だけでなく、さまざまな業種のプロセスおよびプロセスプロセスに簡単に適用できます。
    • 設備運用効率の最大化
    • 現場で運営されるエッジサーバーで生産前過程において、より効率的に運用が可能で、リアルタイムで上がる各種データを迅速かつ正確に感知および制御が可能で、装置効率と工程効率を最適な状態に改善させていただきます。
    • クラウド環境で必要なデータだけを選別してクラウドサーバーに転送し、現場で運用されるリアルタイムデータはエッジサーバーで運営され、外部ネットワークやサーバーに異常があっても関係なく設備運用が可能です。
    • 中小企業の柔軟生産システムの構築
    • 多品種少量生産、柔軟生産などに対処可能でカスタマイズされた生産が可能な標準化されたスマートな製造環境に変更が可能です。
    • 単純なデジタル化によるスマート工場ではなく、実際の物理的な設備とプロセス間をクラウドに接続することができる双方向オンデマンド(O2O)方式のプラットフォームです。
    • クラウドベースで国内だけでなく、海外支店や工場の統合制御および監視プラットフォーム環境をサポートします。
    生産設備モニタリング
    • HMI(SCADA)ベース
    • HMI(Human Machine Interface)をベースに、工場設備の実際の物理的な構造をそのまま仮想化して表現が可能で、ユーザーフレンドリーなGUI提供で現場の稼働状態を一目で把握が可能です。
    • 設備の異常兆候の前、後まで事前に発見し、管理者に通知することで事故予防と安全に重要な役割を果たします。
    • また、さまざまな工場や設備環境に対してPLC内部プログラムを操作し、業務特性に合わせた最適な運用環境を提供することで、稼働設備効率を最大化します。
    • .
    • エッジサーバーの運用
    • エッジサーバーとは、工場内部の端で包括的に運用管理されているサーバーをいい、PLC、I/O Moduleなどを制御・監視する中枢的な役割をするサーバーです。
    • 現場でローカル内部設備を制御し、センサーやアクチュレータのデータを最終クラウドサーバーに転送する前に正確かつ迅速なデータ運用に活用されます。
    • 稼働設備や工程状態など工場の多様なデータは、各種現況板、MES、ERP、POPなどシステムにリアルタイム基準資料を提供してくれます。
    • 現状モニタリング
    • 現場で運用される各種データをリアルタイムで現場および管理室にモニタリングします。
    • 基準情報をもとに、稼働状態、生産量、目標量、実績および設備の効率状態などを自動的に算出表示します。
    • さまざまな産業群に合わせたモニタリングが可能で、整備、変更などのメンテナンスが容易です。